初心者に勧める簡単に作れるオリジナルTシャツ作り方

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを作ってみたいとお考えの方に、自分で作成する方法と、業者に委託して作ってもらう方法の2パターンをご紹介します。自分で作成するパターンは、作成方法により、仕上がりや難易度がそれぞれ異なるので、自分のレベルに合った方法やTシャツの用途ごとに選んでみてください。まずは、手軽にできるアイロンプリントをご紹介します。アイロンプリントは、デザインを専用の用紙にプリントし、アイロンの熱で転写をする方法で簡単に出来るので、特別な技術を最も必要としない作り方です。ただし、用紙の種類により、決まった生地の色しか使えなかったり、色あせやひび割れするものもあるので注意しなければいけません。どういった特性のある用紙なのか事前に知っておくことで、このような不満は解消されることでしょう。

初心者に勧める自分でオリジナルTシャツを作る方法

手先が器用であれば、転写ではなく、好きな形に切ったシートを用いてアイロンの熱で貼り付けて作る方法もあるのでそちらをチャレンジしてみてください。又、初心者とはいえ、もっと本格的な仕上がりを目指している方には、版画の技術の1種であるシルクスクリーンをお勧めします。難易度は他の方法に比べて高めですが、上手に仕上がれば、拘りを持ってオリジナルデザインのTシャツを作成したい方にとって、満足のいくものになることは間違いないでしょう。ところが、クラブチームのユニホームとして作成したい、学園祭でみんな着たい等、枚数が多い場合には、これらの方法はお勧めできません。趣味として愛着の沸くオリジナルTシャツを手間暇かけて拵える枚数としては、多くて2、3枚が限度であり、20枚以上ともなれば、プロの業者にお任せするべきです。

初心者に勧める業者に委託してオリジナルTシャツを作る方法

業者へ委託して作成する方法としては、インターネットで調べれば沢山の業者が見つかりますが、価格やデザイン、注文から仕上がりまでの流れなど業者によって色々な特徴があるので、それらを見比べて自分に合った業者を選んでみてください。他にも、業者に委託してオリジナルTシャツを作成する方法として、実店舗へ注文するという方法もあります。Tシャツ製作会社を数か所回って、価格や仕上がりイメージが自分と合っているか慎重に比較検討してみてください。こちらも色々な店舗がありますので、作ってもらう業者によって、生地や印刷の具合等から仕上がりもガラリと変わります。趣味でとっておきの1枚を仕上げるのであれば、コツコツと自分で作成する方法を、大量のTシャツをハイクオリティーに仕上げるのであれば、プロの業者に委託して作成する方法を、用途に合った方法を選んで、オリジナルTシャツ作りをしてみてください。